有名な言葉

北海道拓殖銀行が破綻した翌年の1998年12月、当時の総理府の外局として国務大臣を組織の委員長にするとされている新たな機関、金融再生委員会が設置され、不祥事を受けて設置された金融監督庁は2001年の金融再生委員会廃止・中央省庁再編までの間、その管轄下に3年弱据えられていたのだ。
全てと言っていいほど上場している企業の場合、企業活動を行うためには資金調達が必要なので、株式以外に社債も発行するのが一般的になっている。株式と社債の違いとは?⇒、返済する義務の有無である。覚えておこう。
いわゆるバブル(泡)経済の意味は不動産、株式などの時価資産の市場での取引金額が行き過ぎた投機によって経済の成長を超過したにもかかわらずそのまま高騰し続け、当然の結果として投機によって持ちこたえることができなくなるまでの経済状態である。
将来を見据え日本国内に本部のあるほとんどの金融グループは、広く国際的な市場や取引にかかる金融規制等が強化されることも視野に入れて、これまで以上の財務体質の強化だけではなく、合併・統合等も組み入れた組織の再編成などに積極的に取り組んできています。
知っているようで知らない。株式⇒債権ではなく出資証券(有価証券)なので、出資を受けても法律的に企業は出資した株主に対する返済する義務はないことがポイント。またさらに、株式の換金方法は売却のみである。
金融商品取引業協会の一つ、日本証券業協会のことをご存知ですか。この協会では協会員である金融機関が行う有価証券に係る売買等の取引を厳正、さらには円滑にし、金融商品取引業界全体が堅実な進歩を図り、投資してくれた者を保護することを目的としている。
中国で四川大地震が発生した2008年9月15日のことである。アメリカの大手投資銀行であるリーマン・ブラザーズが破綻(日本でいう民事再生)したというニュースがアメリカから発信された。この出来事が発端となって歴史的な世界的金融危機の原因になったためその名から「リーマン・ショック」と名づけられたというのが事実である。
こうして日本の金融市場の競争力を高める為に進められた規制緩和のほか、金融に関する制度のますますの質的向上を目指す取組や試みを積極的に実践する等、市場だけではなく規制環境の整備がどんどん進められているのだ。
【解説】保険:想定外に発生する事故によって生じた主に金銭的な損失を最小限にするために、よく似た状態の複数の者が定められた保険料を掛け金として納め、準備した積立金によって不幸にも事故が発生した者に定められた保険給付を行う制度である。
保険業法(平成7年6月7日法律第105号)の規定によって、いわゆる保険企業は生保を扱う生命保険会社あるいは損保を扱う損害保険会社、2つのうちどちらかに分かれ、どちらの場合も内閣総理大臣からの免許(監督および規制は金融庁)を受けた者しか経営してはいけないのです。
FX(外国為替証拠金取引)とは、簡単に言えば、補償金をもとに外国の通貨をインターネットなどを利用して売買した差額によって利益を出すハイリスク、ハイリターンな取引です。外貨預金や外貨MMFなどより利回りが高いことに加え、為替コストも安い利点がある。FXをはじめたい場合は証券会社またはFX会社で相談を。
巷で言われるとおり、第二種(一種業者とは業として行う内容が異なる)金融商品取引業者がファンド(投資信託などの形態で、投資家から 委託を受けた資金の運用を投資顧問会社等の機関投資家が代行する金融商品)を作り、それを適正に運営するためには、考えられないほど本当に大量の、業者が「やるべきこと」、それともちろん「やってはいけないこと」が事細かに法律等により定められているのであります。
簡単にわかる解説。外貨預金って何?銀行で取り扱う商品の一つであり、外貨で預金をする事です。為替レートの変動による利益を得ることがあるけれども、同時に損をするというリスクもある(為替リスク)。
すでにわが国内に本部のあるほとんどずべての銀行では、既にグローバルな市場や取引など金融規制等が強化されることも見据えながら、これまで以上の財務体質の強化だけではなく、合併・統合等をも取り入れた組織再編成などに積極的に取り組んできています。
有名な言葉「銀行の経営というものは銀行に信用があって繁盛するか、融資するほどの値打ちがあるとは言えないと見込まれたことで発展しなくなるか、どちらかだ」(モルガン・スタンレー、ローレンス・マットキンの有名な言葉)

広告を非表示にする